外交部、新型コロナ対策でWHOに2000万ドル寄付

日期:2020-04-03 04:02:04 作者:绵阳新闻网 浏览:182 次

中国政府近日宣布向世卫组织捐款2000万美元。外交部发言人耿爽9日在例行记者会上就此表示,中方捐款将用于新冠肺炎防控、发展中国家公共卫生体系建设等指定用途。

中国政府はこのほど、世界保健機関(WHO)に2000万ドルを寄付すると発表した。外交部(外務省)の耿爽報道官は9日の定例記者会見でこれについて、新型コロナウイルスの感染予防・抑制、途上国の公衆衛生システムの構築等指定の用途に用いられると説明した。

耿爽说,当前,新冠肺炎疫情在全球多点暴发并扩散蔓延,开展国际联防联控合作的紧迫性进一步上升。中方此次捐款,就是响应世卫组织的呼吁,以实际行动支持世卫组织继续发挥好专业优势,在抗击疫情的国际行动中更好地发挥协调作用,特别是帮助公共卫生体系薄弱的中小国家筑牢应对疫情的防线。

耿報道官は「新型コロナウイルスによる肺炎の流行は世界各地で発生し、拡大している。国際的な共同対策協力を実施する緊迫性が一層高まっている。中国側の今回の寄付はWHOの呼びかけに応じ、WHOが引き続き専門的な強みを発揮し、感染症と戦う国際的行動の中で調整の役割をより良く発揮すること、特に公衆衛生システムの脆弱な中小国が感染症に対する防御線を堅牢に築く手助けをすることを、実際の行動によって支援するものだ」と説明。

“中方捐款将用于新冠肺炎防控、发展中国家公共卫生体系建设等指定用途。具体将由中国政府与世卫组织协商确定,尽快加以落实。”他说。

「中国側の寄付は新型コロナウイルスの感染予防・抑制、途上国の公衆衛生システムの構築等指定の用途に用いられる。具体的には中国政府とWHOの協議により決定し、できるだけ早く実行に移される」と述べた。



上一篇:上一篇:外交部:中国政府高度重视在意中国公民的安全与健康
下一篇:下一篇:外交部:中方坚决反对美国会众议院通过涉台法案